福島成蹊中学校・高等学校 福島成蹊中学校・高等学校

HOME

教育内容

教育の特色

教育内容

学力、そして人間力を伸ばす

中高一貫教育の最大のメリットは6年後を見据えた統合カリキュラムにより継続的、効率的に学習できる点にあります。
大学入試改革の基本となる新学力観では、これまでの知識・技能の習得はそのままに、加えて、多様な能力や人間としての成長が求められています。
通常、中学校の目標は高校入試ですから、高校入学後に3年間でこういった力を身に付けるには大きな負担がかかります。
本校の総合カリキュラムは6年間の計画的学習の中で、新しい大学入試や次世代に必要とされる力を着実に身に付けるように作られています。

1.新学力観に対応した総合カリキュラム「年間1,500時間の学習量」

基礎学力を身に付けるための最高の環境。

新学力観の大前提として、知識・技能の習得が求められていることはこれまでと変わりはありません。本校では中学1年次から7時間授業を行い、土曜日も授業を実施します。文部科学省の定める学習指導要領では中学校年間最低授業時数を1,015時間としていますが、本校ではその1.5倍にあたる年間1,500時間の学習を行います。

「授業」+「補講」+「課外」でサポートする「学習指導サイクル」

学習合宿 生活力と精神力を鍛え、困難から逃げない気概を作るため、中高合同で年2回実施。
  • 【春季】3泊4日
  • 【夏季】4泊5日
  • 【高校3年大学入学共通テスト直前合宿】3泊4日
校外模試 全国のライバルたちと切磋琢磨して、自分の実力を確かめる。
  • 【中1・中2・中3】
    • 学力推移調査(ベネッセ)
    • 駿台学力テスト(中1・中2)
    • 駿台全国模試(中3)
  • 【高1・高2・高3】
    • 進研模試(ベネッセ)
    • GTEC(ベネッセ)
    • 駿台全国模試(駿台予備校)
    • 全統模試(河合塾)
    • 各種オープン模試(東京大学、東北大学など)

6年間の学習時間は公立高校の8年分に匹敵!

主要5教科における公立校との実授業時間比較

  • 中学校
  • 高等学校 文系
  • 高等学校 理系

※本校の学習時間は「授業時間」と「放課後補講」を合わせた時間です。長期休業中の課外は含まれていません。
※中学校は、授業時間数を単位(1週間あたりの授業時数)に換算してあります。
※「教科」は、中学校と高校では名称が変更になったり、また科目に分かれますが、ここでは該当科目の合計として計算してあります。

2.学ぶチカラを養う「6カ年3段階プログラム」

発達段階を生かした指導

 小学校4年生から放課後や休日には学習塾に通う首都圏と異なり、成蹊中に入学する生徒のほとんどは普通の小学校で学び、放課後や休日は友人と遊んだり家族と過ごしたり、のびのびと生活してきた子どもたちです。しかし、そんな子どもたちが中学校・高校の6年間で、入学時には想像しなかったような自己実現を果たします。中学から高校にかけての期間は青年期の前半にあたり、人間が身体的、心理的、社会的に大きく成長する時期です。
本校では発達過程に合わせて6年間を3つの段階に分けています。中学1・2年の前期教育期間で価値観や生活習慣をしっかりと身に付けることで人間としての「土台」を作り、そこから中期、後期教育期間と経験値を高めていくことで、受験や社会に出てからの困難に立ち向かうことのできる精神力、生活力を養います。

  • 朝読書のススメ

    前期教育期間(中学1・2年)では毎朝30分の読書を行っており、100冊の推奨図書を定めています。これらは「伝記」「自然科学」「社会科学」「人文科学」「読み物」の5つの分野から成り、多くの世界へ興味関心を拓きます。

  • プレゼンテーション能力の向上

    社会生活の基礎となるコミュニケーション力を磨くために、本校では中学校課程でプレゼンテーションの機会を多く設定し、基礎学力の一つとして育んでいます。一人ひとりが主体的に考え、討論し、発表する活動を、タブレットやプレゼンテーションソフトの活用も含め、行っています。

  • ICTが促進するアクティブ・ラーニング

    本校では校舎全体にWi-Fiを完備し、全ての教室やスペースで1人1台のタブレットを使用した活動を行うことができます。また、ICTを活かす学習サポートシステムの導入により、効果的なアクティブ・ラーニングの推進が可能になっています。

  • 実践的な難関大入試演習

    高校3年生で難関大学合格に必要な質と量ともに徹底した演習を行います。一人ひとりの合格に必要な課題を見つけ、志望大学合格へと導きます。

3.生徒に寄り添い可能性を伸ばす講師陣

英語

  • 石澤 直樹 石澤 直樹

    石澤 直樹Naoki Ishizawa

  • 生徒の疑問に徹底して応えます

    「なぜchildの複数形はchildrenなのか?」ある生徒からの質問です。歴史をたどると、英語はヨーロッパからグレートブリテン島へ入り、さまざまな民族が変化させてきました。childは、複数語尾として昔使われていたruやenなどを掛け合わせたchildrenが今に残ったとされています。こうした疑問にも、ごまかすことなく応えるようにしています。

    Message英語の本質に触れ教養ある人間に

    さまざまな人と交流するには、まず英語を話せる以上に、人間としての深みがないと魅力が伝わりません。英語に限れば、文化的背景を理解し、単語や文法を正しく扱うことでその本質に触れられます。将来、本質を理解した知的な表現によって、皆さんが教養ある個人として世界に認められるよう、学ぶ姿勢に期待したいです。

数学

  • 上埜 健太 上埜 健太

    上埜 健太Kenta Ueno

  • 理解しやすいカリキュラムで学習

    数学は個々の分野が体系的にリンクしているため、一度苦手になると学習が進まなくなります。この課題を解消するため、私の授業では、関連性が分かりやすい分野同士を連続して一気に学ぶカリキュラムを組んでいます。同時に、基本的な計算問題は無機質な反復だけでなく、より立体的にとらえられるよう問題を選定・演習します。

    Message解くこと、考えることを楽しもう

    大学受験を志す以上は、ある程度多くの量を演習することが必要で、多大な時間と誠実に取り組む姿勢が求められます。ここでいう誠実とは、考え続ける態度を指します。短い問題文や少ない情報から、実験と予想を繰り返し何度も跳ね返される、そんな経験を大切にしながら「解くこと」「考えること」を同時に楽しんでほしいです。

国語

  • 齋藤 光 齋藤 光

    齋藤 光Teru Saito

  • 国語は全ての学習の基本

    中学1~2年で丁寧な読み取りや知識の土台を作るため、文法の授業は週1時間、2年次後半からは古典文法へとつなげます。また3年から「現代文」「古典」に分けて大学入試を意識した指導をしていきます。

    Message思考力や想像力を育てよう

    授業を通して豊かな人間性を身につけられるよう、生徒を引き付ける授業の仕方、専門知識を高める努力を大切にしています。文章の中の言葉がどんな意味を持ち、文脈の中でどうとらえられるか、想像していきましょう。

社会

  • 石井 智憲 石井 智憲

    石井 智憲Tomonori Ishii

  • 理解が深まる授業を提供

    授業では、発問により生徒の理解を確認するコミュニケーションを大切にし、暗記事項の定着につなげています。また生徒が興味を持つような話題を提供し、自分から学習を進めたくなる環境づくりに取り組んでいます。

    Message社会科の学びで人生を豊かに

    生徒の意見、発想に耳を傾け、生徒自身の考えを深めることを大切にしています。社会科で学ぶ内容は、大人になってから役立つ教養となります。授業で得た知識を活かし、人生を豊かにしていきましょう。

理科

  • 藤田 大策 藤田 大策

    藤田 大策Daisaku Fujita

  • 楽しさや達成感を味わう教科

    物理の学習は、対象の物理現象を正しく把握した上で①現象に適した物理法則を知る ②物理法則の使い方を身につける、この2段階が大切です。②まで授業で一緒に行うことで、物理学の楽しさや達成感が味わえます。

    Message自らの足で学問の山を歩んで

    私は生徒と接する上で、理科という教科を通して生徒たち自身がじっくり思考する機会を設けることを大切にしています。自ら考える時間は、生徒個人の集中力や思考力を高めてくれると期待しています。

熱心に勉強に打ち込む姿に私自身も刺激を受けています

 本校の生徒たちは、将来の夢や目標に向けて、一生懸命に、そして生き生きと毎日を過ごしています。そうした生徒たちから日々刺激を受けて指導にまい進できることを、教師として誇りに思います。菅野さんも、本当に熱心に勉強に取り組んでいますね。さらに英語の力を伸ばすには、常に「なぜ、どうして?」という思考を忘れないことです。本質的な理解を追求していきましょう。

高校1学年主任
石澤 直樹
[担当教科/外国語(英語)]

先生は、私たち生徒を高めてくれる心強い存在

 入学当初は、全然分からなかった英語。最初の授業は戸惑いましたが、先生は私たちの「分からない」が「分かる」に変わるまで、徹底して教えてくれました。おかげで今は理解に苦しむことなく、楽しく学べています。先生の指導のもと、書く・読む力だけでなく、聞く・話す力を伸ばし、世界共通言語としてコミュニケーション能力を高めていきたいです。

中学3年
菅野 はるか
[福島市立福島第一小学校出身]

5.五感で学ぶ「豊富な行事&体験学習」 課題解決の力や達成感・一体感が生まれる貴重な瞬間

6年間で67泊91日の宿泊行事

本校では中学校課程の3年間で36泊50日、高校課程の3年間で31泊41日の宿泊行事があります。宿泊以外も含め、さまざまな鍛練的、運動的、文化的、探究的行事を通して、生徒は多くの経験を積み上げていきます。なかには失敗もありますが、そのときに、何がいけなかったのか、どうすれば良かったのかを深く考えることで主体的な姿勢が生まれ、友人と協働して困難を乗り越えることで大きな達成感を得ていきます。

中学校と高校の合同行事

中学校と高校の合同行事も中高一貫教育の強みです。学年を越えたつながりの中で、後輩は先輩の姿を通して自分の将来を見ることができ、また、先輩は後輩の模範としての自覚から、それぞれが大きく成長していきます。それぞれの経験をICT(タブレット等を用いた情報通信技術)を活用して記録に残していく(=キャリアパスポート)ことで、自己の成長を振り返ることを可能にし、大きな成果へとつなげていきます。

  • オリエンテーション合宿中1
    学校生活に慣れるため、豊かな自然の中で相互理解・社会性を育む
    自然と触れ合いながら散策を行ったり、みんなで力を合わせて貼り絵を完成させる共同作業で多くの気付きと達成感が生まれます。
  • 強 歩中1~高3
    鍛練することで、助け合い・思いやり・達成感を得る。
    中1から高3まで縦割りのグループで30km余りの距離を歩きます。互いに助け合い自分の限界に挑戦していきます。
  • 臨海教室中1
    生態系の観察、自然の中のレクリエーションを通して、集団生活をする。
    泳力訓練やレスキュー体験など海岸での活動を楽しみながら、集団の中での自分の役割や助け合いの心を学びます。
  • 立志式中1~中3
    志を持つ意義を理解し、自分自身を律する
    中学3年生が高校課程へ進む時期に、教員、下級生、保護者立会いのもと、これからの自分のあり方について述べます。
  • 尾瀬学習・燧ケ岳登山中1
    忍耐力・自己責任・助け合い・郷土愛・達成感を得る。
    尾瀬沼の山小屋に宿泊し、東北最高峰の燧ケ岳登山や星座観測を行います。
  • 林間教室中2
    自然の中で活動し、生きる力を鍛える。
    林間教室ではテント設置や自炊を経験するとともに、登山、沢のぼり、星座観測などを行います。
  • 学習合宿中1~高3
    学ぶことに対する意識付けをし、刻苦勉励・自分との戦いを実践する。
    起床から就寝まで学習中心の生活をします。普段より長い授業時間や夜間の自学自習は、じっくりと深く学習に取り組むことができ、自分の限界を押し上げるきっかけとなります。
  • スキー教室中1・中2・高1
    集団生活でウインタースポーツに親しむ。
    東北の魅力の一つであるウインタースポーツに親しみながら、スキー技術の向上をめざします。また、スキーリゾーターとしての態度やマナー、環境論についても学習します。

社会情勢によりスケジュールが変更になることがあります。

  • 4

    • ●中高一貫対面式[中1~高3]
    • ●オリエンテーション合宿[中1](2泊3日)
  • 5

    • ●強歩[中1~高3]
  • 6

    • ●学校茶道[中1~高3]
    • ●教育講演会[中1~高3]
  • 7

    • ●臨海教室[中1](2泊3日)
    • ●職場体験[中3](5日間)
  • 8

    • ●登山[中3~高3](安達太良山、磐梯山など)
    • ●学習合宿[中1~高3](4泊5日)
    • ●立志式[中1~3]
    • ●東京大オープンスクール[高1]
    • ●東京大学見学[中2]
  • 9

    • ●尾瀬学習・燧ケ岳登山[中1](2泊3日)
    • ●受験ガイダンス[高3]
    • ●合唱祭・桃李祭[中1~高3]
      ※1年おきに実施
    • ●林間教室[中2](1泊2日)
    • ●国際理解教育講演会[中1~高3]
    • ●大学見学研修会[中3]
  • 10

    • ●スポーツ大会[中1~高3]
    • ●芸術鑑賞教室[中1~高3]
    • ●学校茶道[中1~高3]
  • 11

    • ●海外研修旅行[高2](5泊7日)
    • ●養護学校交流[中2]
  • 12

    • ●弁論・ディベート大会[中1~3]
    • ●大学入学共通テスト対策合宿[高3](4泊5日)
  • 1

    • ●大学入学共通テスト激励会[中1~高3]
  • 2

    • ●スキー教室[中1・2・高1](2泊3日)
    • ●海外研修旅行事前発表会[中1~3]
  • 3

    • ●海外研修旅行[中3](7泊9日)
    • ●海外研修旅行報告会[中3]
    • ●教育講演会[中1~高2]
    • ●学習合宿[中1~高2]
    • ●受験報告会[中1~高3]

自ら考え行動することで自信とたくましさを育む

本校の学校行事の特徴は、自然との共生、心身の鍛錬、仲間との団結がベースとなっています。非日常での体験を通して、自分はどうすべきかを考え行動できる“たくましい人間”に成長してほしいと思います。生徒会長でもあるひな乃さんは、学習合宿をはじめ、何事にも積極的にチャレンジする姿勢が素晴らしいです。これまでの体験を活かし、失敗を恐れず、自分自身をどんどん高められる人間へと成長することを期待しています。

中学校主幹
志田 拓朗
[担当教科/保健体育]

集中力と精神力が養われ成長を実感する学習合宿

一番印象に残っている学校行事は、約4日間のほとんどを勉強に注ぎ込む学習合宿です。勉強を通して自分自身と向き合うことで、時には自分の弱さも知ることになります。それでも粘り強く取り組むことで、答えが出るまで考え抜くことができるようになり、圧倒的な集中力と精神力が養われました。また、たった一人ではどうしても煮詰まってしまう時に、友だちの存在がいかに大切かを強く実感することができました。

中学3年
加藤 ひな乃
[福島市立矢野目小学校出身]

5.グローバル社会へ羽ばたく「国際教育」

情報技術や交通の飛躍的発達によりグローバル化の進展はとどまることはありません。ボーダーレス化しつつある世界の中で、現在の子どもたちのほとんどは異文化の人々と自然にコミュニケーションをとり、共に働いたりすることでしょう。本校では国際理解教育を推進し、グローバル社会で活躍するための基礎作りを行っています。もちろん語学力も大切ですが、それ以前に人として異文化を理解する心や柔軟に考える力が必要だと考えます。

様子

国際理解講演会

  • NPO法人
    アジアチャイルドサポート
    代表理事
    池間哲郎先生

    「懸命に生きる人々
    ー日本人にこそ学んで欲しい」

  • 特定非営利活動法人
    地球のステージ代表理事
    桑山 紀彦先生

    「地球のステージ」

  • 東京女子医科大学
    国際環境/熱帯医学講座
    教授・講座主任
    杉下智彦先生

    「アフリカから考える
    持続可能な開発目標(SDGs)」

海外研修旅行

中学3年生

カナダ(ビクトリア、バンクーバー)
英語でのプレゼンテーション、日本文化体験交流、一人1家庭のホームステイ など

高校2年生

カンボジア(シェムリアップ)・ベトナム(ホーチミン)
ベトナムからの留学生との交流(事前学習)、小学校訪問、日本文化体験交流 など

実践的英語力の育成

全員が実用英語技能検定を受験し中学校課程での2級取得を目標にしています。高校生では準1級を取得する生徒も出ています。

リベラルアーツ教育の推進

教育におけるリベラルアーツとは、「生きた、実践的な教養」を意味します。これまでの学力観では、正解を出せる人が評価されてきました。しかし現実の社会で起こっていることは、一つの正解を見いだすことが難しい問題ばかりです。グローバル社会の中では、民族も宗教も違う人たちが「自分の考えは正しい」と信じて争っています。そこでは「ひとつの正解」よりも「多様性の理解」がとても大切になり、そのためには自分のマインドで考え、自分のハートで感じ、自主的に判断し行動することが求められます。
リベラルアーツを咀嚼し、自分のものとして消化することで広い視野や独自の視点を獲得し、人生がより深く意義のあるものとなる、それこそが「生きる力」と言えるのではないでしょうか。

◆ 茶道教育

茶道 様子

国際社会においては異文化を理解することはもちろん、自文化を伝えていくことも大切です。本校では裏千家助教授を講師に、敷地内の茶室「自蹊庵」にて6年間、茶道教育を実施し伝統文化継承の意識と礼儀作法を学びます。

◆ 芸術・文化体験

作品に触れ、メッセージを汲み取る力=想像力を鍛えることで感性が磨かれていきます。大切なのは「本物」に触れることです。それを見て何を感じ、想像が広がるのか今まで知識として知っていたことが、経験とリンクし、単なる知識が知恵になっていきます。

芸術鑑賞様子

多様な価値観を理解し豊かな国際性を育む

本校の国際教育は、他者の受容、自尊心、平和と正義の追求、人としての連帯感、そして自然と生命に対する畏敬を、授業や体験学習を通して身につけることをめざしています。山村くんも、実体験を通してこれらの要素に触れ、異文化を理解する大切さを学びましたね。異なる価値観を持つ国や地域に理解を持って行動するには、自国への理解も持っていなければなりません。両方の理解を深め、豊かな国際性を身につけてほしいです。

高校2学年主任
秋元 佑介
[担当教科/外国語(英語)]

新しい人間関係を築いたカナダでの貴重な体験

カナダでの研修旅行では、生の英語に触れる貴重な経験ができました。現地の中高校生との交流やホストファミリーとの生活が特に印象的で、ホストファミリーとは今でも連絡を取り合うなど、新しい人間関係を築くことができました。この旅行で学んだことは、国境を越えて愛を持つことの大切さです。文化や考え方の違いを理解し、互いの心がより近づくように努力することが、自分にとっての国際性だと気づきました。

高校2年
山村 蓮
[桜の聖母学院小学校出身]